Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

農福連携の取組み表彰「ノウフク・アワード2020」募集中 農水省2020年9月17日

一覧へ

農林水産省は9月16日、農福連携に取り組んでいる優れた事例をノウフク・アワードとして表彰する新たな取り組みを今年度からスタート。11月17日まで「ノウフク・アワード2020」の対象者を募集している。

「ノウフク・アワード2020」「ノウフク・アワード」パンフレット(クリックで拡大)

農福連携は、障害者に農業で活躍してもらい、自信や生きがいを持って社会に参画してもらうための取り組み。担い手不足や高齢化が進む農業分野において、働き手の確保につながるとともに、共生社会の実現にも貢献する。

「ノウフク・アワード」では、農福連携に取り組んでいる団体・企業や個人を募集。優れた取り組みを表彰することで農福連携の全国的な展開につなげる。同表彰は、農林水産省が関係団体等と連携して、本年3月に設立した「農福連携等応援コンソーシアム」が主催して取り組む。

<募集概要>
表彰対象者:農業(林業及び水産業を含む)と福祉や多様な人が連携し、障害者等(高齢者や生活困窮者、ひきこもりの状態にある者等を含む)の能力が発揮され、農業分野と福祉分野が抱える様々な課題解決の実現のみならず、障害者をはじめとする多様な人の社会参画の実現、地域農業の維持・発展、更には地域活性化に貢献している取組を行っている団体・企業・法人(事業所を含む。)、個人。

募集期間
:9月16日~11月17日

応募方法
:「ノウフク・アワード2020募集サイト」から応募用紙をダウンロードし、応募用紙に必要事項を記入。募集期間中に、農福連携等応援コンソーシアム事務局に、郵送(当日消印有効)で提出。または当該サイト内の「エントリー」から応募事項を記入し、応募する。

【ノウフク・アワード2020募集サイト】

表彰:優秀賞として10点程度。優秀賞の中から、グランプリ1点、特別賞3点程度を選定。

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る