想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

中・韓のウェブサイトで日本の種苗流通か-農水省2020年9月25日

一覧へ

農林水産省は9月24日、中国と韓国のウェブサイトで日本で品種登録された種苗が育成者権者の了解なしに掲載されている例が多数あるとの調査結果を公表した。

調査対象は輸出重点品目である稲、イチゴ、ウンシュウミカン、茶など737品種。補助事業を活用し7月に委託業者が中国と韓国の種苗関連インターネットサイトを調査した。

その結果、日本で開発された品種と同名か、きわめて似た名称で販売されている種苗が多数あることが明らかとなった。そのうち36品種は育成者権者の了解なしに掲載されていた。名称だけで他の品種であることも考えられるが、無断持ち出しの可能性もある。

イチゴは中国のサイトで10品種が掲載されており、そのうち「紅ほっぺ」は「紅顔」、「紅頬」、「さがほのか」は「佐賀清香」の名称で掲載されていた。カンキツは「せとか」、「甘平」など10品種、ブドウはシャインマスカットなど4品種が中国と韓国のサイトに掲載されていた。その他、リンゴ、梨、柿などでも確認された。

これらの品種の多くは両国の品種登録の出願期限を過ぎていた(日本国内で流通開始から4年以内、果樹は6年以内)。

農水省は「日本の果樹などは品質が高く種苗流出のリスクがある」として、海外で品種登録出願期限前となっている品種は、育成者権者に対して早急に出願を呼びかけたいという。

一方、現行法では登録品種が正規に販売された後に海外に持ち出されることは違法ではない。政府は海外流出を防ぐためなどとして種苗法改正案を国会に提出、継続審議となっている。

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る