想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

「農業EXPO」に若者が多数参加 ユメックス2020年9月29日

一覧へ

転職支援会社ユメックス(株)(東京都三鷹市、後藤 一重社長)は9月27日、東京都豊島区の池袋サンシャインシティ内のホールで、今年3回目となる新・農業人フェア「農業EXPO」を開催した。

ブースで待ち受ける受け入れ側の担当者ブースで待ち受ける受け入れ側の担当者

農林水産省による農業人材力強化総合支援事業のうち就農相談会「新・農業人フェア」の企画と運営を同社が受託して実施したもので、7月26日の農業EXPOと、8月1日農業就職・転職LIVEに次いでの開催。
この日は、全国各地の農業法人や新規就農相談センター、自治体などが会場を埋め、20~30代を中心に男女を問わない就農希望者およそ1200人が会場で待ち受ける農業法人らのブースに足を運んだ。昨年同時期に開催した際の参加者数は約600人だったため「農」への関心の広まりがうかがえる。

開場は、農業に転職したい人、農業を学校で学びたい人、研修生として実践的に学びたい人、農業自体についてもっと知りたい人など、目的に合わせて情報を収集できるよう出展ブースの配置に工夫が凝らされていた。

現地についての話を聞く就農希望者現地についての話を聞く就農希望者


今回は新たに、現地の自治体や農家とオンラインでつないだブースも用意、画面を通じて現地の面接を受けられる態勢も整えた。
参加者の一人は、「以前から農業には関心があり、いざ踏み切るにはどんな支援が受けられるのか知りたくて参加した」などと話してくれた。

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る