Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

イチゴのハダニ類発生で注意喚起 山口県2020年10月16日

一覧へ

山口県病害虫防除所は10月15日、イチゴのハダニ類の発生状況について発表。今後も県内全域の発生量は多いと予想しており、防除対策の徹底を促した。

ナミハダニ黄緑型の成虫・若虫・卵(左)、ナミハダニが多発生したイチゴナミハダニ黄緑型の成虫・若虫・卵(左)、ナミハダニが多発生したイチゴ

同県は9月下旬のイチゴの巡回調査において、ハダニ類が多発生したほ場を確認した。9月24日~28日の巡回調査では、発生ほ場率50.0%(平年13.2%)、寄生株率20.2%(同3.1%)で平年に比べ多かった。発生している主な種類は、ナミハダニ(黄緑型)だった。

防除対策として次の事をあげている。
(1)ハダニ類は局所的に発生することがあり、ほ場全体をよく観察し発生を確認した後は直ちに防除を行う。
(2)ハダニ類の密度が高い場合は薬剤による防除効果が低下するため、防除の前にはハダニ類の寄生した下葉を除去し、ほ場外に持ち出し適正に処分する。
(3)化学農薬に対する抵抗性が発達しているため、散布後に効果を確認し、十分な効果が認められない場合は、気門封鎖剤を中心に防除を行う。


その他、病害虫情報はこちら
bn_byogaichu2020.gif

最新の記事

ナガセサンバイオSP 2021

JA人事

ヤンマーSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る