想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

野上農相がスマート農業などを視察 農研機構2020年10月21日

一覧へ

野上浩太農相は10月12日に農研機構(つくば地区)を訪問し、スマート農業をはじめとする最先端の研究開発、比較栽培試験や遺伝資源保存業務などの現場を視察した。

意見交換会の様子(上段)、久間理事長(下段)自動走行車両が果樹の間を走る様子を視察

種苗管理センターでは、品種登録のための栽培試験業務の説明が行われた後、花の新品種の栽培試験の現場を訪問。その後、果樹茶業研究部門で栽培管理の機械化に適したV字樹形、薬剤散布や収穫の作業機を取り付けられる自動走行車両が果樹の間をスムーズに走る様子を確認した。

また、水田の水管理を遠隔・自動制御化するシステムについて担当者から説明を受け、スマートフォンによる操作でほ場への給水が行われる様子を視察。農業技術革新工学研究センターのほ場では、トラクタや田植機、コンバインが遠隔操作で自動走行し、ほ場の中で作業をするデモンストレーションを実施。ドローンを用いたほ場のセンシングについての説明後、実演を行った。

意見交換会の様子(上段)、久間理事長(下段)意見交換会の様子(上段)、久間理事長(下段)

久間和生理事長からは最新の研究トピックスやスマート農業など、現在進行中の研究プロジェクト、今後の同機構の研究構想などを説明。その後、スマート農業などの先端技術とそれらの社会実装について意見交換を行った。

また、健康機能性成分を多く含む食材を使った「NARO Style弁当プチ」や同機構育成品種の果物を使用したサイドメニューを試食した。

最新の記事

ケツト科学研究所:SP

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る