第43回農協人文化賞:PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー石原バイオ:ランマンフロアブルSP
FMCセンターPC:ベネビア®OD
FMCプレバソンSP

出荷先 農協64.3% 1.9ポイント低下-農業センサス2020年12月1日

一覧へ

11月27日に公表された2020年農林業センサス結果によると、農業経営体の販売金額第1位農産物の出荷先は農協が64.3%となっている。

出荷先 農協64.3% 1.9ポイント低下-農業センサス

農協以外の集出荷団体への出荷は9.7%、消費者への直接販売は8.9%となっている。

出荷先の割合は5年前にくらべ農協が1.9ポイント低下し、農協以外の集出荷団体が1.0ポイント上昇した。また、小売業者は0.5ポイント上昇した。

農産物販売金額規模別に農業経営体数の増減率をみると、5年前にくらべ「3000万円~5000万円」層が9.5%、「5000万円~1億円」層が25.2%、「1億円~5億円」層が15.8%、「5億円以上」層が42.6%増えた。
農産物販売金額1位を「稲作」である農業経営体は55.5%と過半を占めるが、10年前とくらべて3.5ポイント、5年前とくらべて1.9ポイント低下した。一方、施設野菜は5年前から0.5ポイント上昇し6.2%、果樹類は0.9ポイント上昇し13.2%となった。

また、今回初めて青色申告を行っている農業経営体数も調査した。それによると35.5%にあたる38万2000経営体が青色申告を行っており、このうち正規の簿記を行っているには20万7000経営体だった。農業経営体に占める割合は19.2%となる。

また、今回初めてデータを活用した農業についても調査。データを活用した農業を行っている農業経営体は18万3000経営体で農業経営体に占める割合は17.0%となった。団体経営体では1万7000経営体で団体経営体に占める割合は45.6%となった。

最新の記事

右上長方形:Z-GIS・SP

みどり戦略

DiSC:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

住友化学右正方形SP:2023

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る