2022夏季特集:PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:ナリアWDG
JA全中中央①PC
FMCセンターSP:ベネビア®OD

食料安全保障でG7が声明 ドイツでのサミット2022年7月1日

一覧へ

6月26日から28日にかけてドイツで開かれたG7では27日に食料安全保障をテーマに首脳が議論した。

サミットの様子(写真:外務省)サミットの様子(写真:外務省)

会議では世界の食料と栄養の安全保障を強化することを確認し、そのために45億ドルを追加で提供することと、食料と農業市場を開放し続け、ウクライナの生産、輸出を支援するための努力を強化することを確認した。

岸田首相は世界の食料危機はG7の制裁が原因としているロシアのプーチン大統領の主張はまったくの偽りだと指摘し、問題の根本原因であるロシアによるウクライナ侵略を終わらせることこそが食糧危機解決に向け必要なことであり、ロシアの侵略を止めるために連携していくことを呼びかけた。

また、グローバルな食料危機への対応として、おもにアフリカ・中東向けの食料支援や、ウクライナにおける穀物の貯蔵能力の拡大支援などを含む計約2億ドルの支援を実施すると発表した。

G7は28日、他の声明とともに「世界の食料安全保障に関するG7声明」を採択した。

声明ではロシアのよるウクライナへの侵略戦争は「飢餓の危機を劇的に悪化させている」と強調し、ウクライナの食料生産と輸出を妨げるすべての行為を無条件に終えるよう表明している。

また、農産物の入手可能性を持続可能にすることにコミットすることや、農産物市場を開放的にし続けることにコミットし続けることも表明した。

そのほか農業と食料システムの長期的な強靭性と持続可能性を強化することも表明している。

最新の記事

シンジェンタ右上長方形:SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る