2022夏季特集:PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCトップSP:育苗箱混合剤
JA全中中央①PC
FMCセンターSP:ベネビア®OD

"夏にお茶のある暮らし"水出し緑茶の楽しみ方を生産者・事業者から大募集 農水省2022年7月5日

一覧へ

農林水産省は、消費量・産出額ともに減少傾向にある日本茶の消費拡大に向けて、今の時代に合ったお茶の楽しみ方や飲食料品を提案している事業者と連携し、「毎日お茶のある暮らしキャンペーン」を実施。夏のキャンペーンとして、暑い時期にぴったりの水出し緑茶の楽しみ方を事業者や生産者から募集している。

実施概要実施概要

日本人の生活と文化になくてはならないお茶。2021年の輸出額は204億円を突破し、過去最高を記録するなど海外からの注目度が高まる一方、消費量・産出額ともに減少傾向が続いている。

農水省は日本茶の消費拡大のため、国内の消費者が生活の中でより身近にお茶を楽しめるよう、4月15日から(公社)日本茶業中央会など関係機関や事業者と連携し、「毎日お茶のある暮らしキャンペーン」を開始。今回は、各地で暑さが本格化するこの時期ならではの、ひんやりと冷たい水出し緑茶の楽しみ方を生産者や茶専門店、食事処、レストラン、カフェ、ドリンクスタンド、お茶飲料関係事業者などから募集し、消費者に向けて特設サイトなどで発信する。

募集する内容は、①日本茶への応援メッセージ、②水出し緑茶の楽しみ方の提案、③機能性成分をはじめお茶のもつ魅力をつづった記事や動画など。キャンペーンの特設ウェブサイトやSNSで寄せられたメッセージを、事業者名、事業者のウェブサイトへのリンクと合わせて情報発信する。

また、同キャンペーンで事業者から提案された「新たなお茶の楽しみ方」を農水省の若手職員が実際に体験し、省公式SNSで発信する。

最新の記事

シンジェンタ右上長方形:SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る