秋特集:国生国産PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー:FMC221007SP
FMCセンターPC:ベネビア®OD
FMCセンターSP:ベネビア®OD

インドネシアでG20農相会合 日本はウクライナ侵略を非難 共同声明は見送り2022年9月29日

一覧へ

G20農業大臣会合が9月28日にインドネシアで開かれた。日本からは藤木眞也農林水産大臣政務官がオンラインで出席し、ロシアのウクライナ侵略を非難するとともに、持続可能な食料システムに向けて中・長期的な取り組みを強化すべきなどと訴えたが、共同声明の採択は見送られた。

G20農相会合の藤木政務官.jpg

G20農相会合にオンラインで出席した藤木農林水産大臣政務官

インドネシアで開かれたG20農相会合には、当初、野中厚農林水産副大臣が出席する予定だったが、新型コロナウイルスへの感染で、藤木政務官が代理としてオンラインで参加した。

藤木政務官は発言の中で、ロシアによるウクライナ侵略について、「明白な国際法違反であるとともに世界の食料安全保障に悪影響を及ぼすものである」などと強く非難した。また、増大する世界人口を養うための食料の増産と環境負荷の低減が求められる中、各国がその農業資源を持続可能な形で活用することは、世界の食料安全保障強化に貢献するなどと述べた。
さらに、日本ではみどりの食料システム戦略に基づき、農業の持続可能性を高めるための取り組みを全力で進めているとして、その中でもデジタル農業は大きな役割だとし、ドローンによるピンポイントの農薬散布などにより環境負荷の低減に取り組む姿勢を強調した。

G20農相会合に向けては、野村哲郎農相が26日の閣議後会見で、共同コミュニケの採択に向けて議論を深めたいとの考えを示していたが、ロシアの侵略をめぐる記述などで意見の隔たりがあり、採択は見送られることになった。近く議長国のインドネシアから議長サマリーが発表される。

最新の記事

シンジェンタポータルフェーズ:右上長方形SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る