人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー:FMC221007SP
日本曹達 231012 PC
日本曹達 231012 SP

化学肥料・農薬を一切使用しない「おかやま有機無農薬農産物」を拡大 岡山県 みどり戦略基本計画2023年4月6日

一覧へ

岡山県はみどり戦略基本計画を3月17日に公表した。化学肥料と天敵を除き農薬を一切使用しない「おかやま有機無農薬農産物」の取り組み拡大などを柱にしている。

岡山県のみどり基本計画おかやま有機無農薬農産物認証マーク

計画は県内全27市町村とともに作成した。

岡山県では1988年から全国に先駆けて有機無農薬農業推進要綱を策定し有機農業の振興を図ってきた。

基本計画では国際水準以上の有機農業の面積を2020年の119haから30年度に300haに拡大する目標を掲げた。

このうち有機JAS規格を満たしたうえで、化学肥料と天敵を除いて農薬を一切使用しない県独自の規格「おかやま有機無農薬農産物」の取り組み面積を2020年度54haから30年度に135haへと拡大する。

また、土づくりと化学肥料、化学農薬の使用削減を一体的に行う取り組みを進める。

温室効果ガスの排出量削減では水田の長期中干しや、収穫後の耕うん、農業機械の省エネルギー化、電動化の取り組みなどを進める。

県は有機農産物・加工品の販売機会を増やすため、事業者と有機農業者、農業団体との意見交換や商談を支援するほか、卸売市場、インショップ、直売所など多様な売り場が確保、拡大されるよう働きかける。

とくに「おかやま有機無農薬農産物」については、関心の高い消費者に提供できるよう、一定の要件を備えた小売店や料理店などを取扱い店に指定し、身近に購入、消費できる環境づくりを進める。

重要な記事

240425バサグラン・エアーCP_SP

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る