人事2024 左バナー 
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCベリマークSC:(SP)センター
FMCプレバソンPC
FMCセンターSP:ベネビア®OD

JAみのりと協働で栽培するもち麦の魅力を学ぶ「北播磨もち麦研究大会」開催 マルヤナギ2024年2月22日

一覧へ

蒸し豆・煮豆・佃煮メーカーのマルヤナギ小倉屋と兵庫県加東市、JAみのり、兵庫県北播磨県民局、および加東市内のもち麦生産者と組織する「加東市もち麦活用協議会」は2月25日、もち麦産地の地域住民に向けた市民参加型イベント「北播磨もち麦研究大会in加東」をやしろ国際学習塾(兵庫県加東市)で開催。5者が協働で栽培しているもち麦の魅力を広く伝える。

北播磨のもち麦「キラリモチ」

同イベントでは、「あなたのお腹は大丈夫?腸内環境から考えるあなたの健康未来」をテーマに国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所の國澤純氏による腸内環境に関する講演を実施。このほか、先着200人にもち麦うどんのふるまいや、もち麦産地のお店ならではのもち麦グルメを販売。また、農研機構の研究員による生産者向けの講習会「もち麦の品種特性~もち麦品種「キラリモチ」と最近の品種の違い~」「おいしい「キラリモチ」をたくさん収穫するために」などを実施する。「もち麦」を楽しめる盛りだくさんの内容で、聞いて、食べて、特産品「もち麦」の魅力を知ることができる。開催時間は13時~16時30分。入場無料。

生産者ともち麦畑生産者ともち麦畑

加東市を北播磨で栽培された「キラリモチ」は2023年8月、「北播磨のもち麦キラリモチ」として兵庫県が認める「ひょうご農畜水産物ブランド戦略策定品目」に追加され、もち麦の品質向上とブランド認知拡大に取り組んでいる。キラリモチはもち性大麦の品種名で、もっちりプチプチした食感と、従来のうるち性大麦と比較し食物繊維を多く含むことが特長。また、炊飯後褐変しないことから、従来品種より見た目が大幅に改善され、麦特有のにおいも少なく食味に優れている。

加東市ではもち麦を通じた取り組みとして、同市に本拠を置くJAみのりの協力を得て 、2017年秋からもち麦栽培を開始。2020年には、加東市内の作付け面積は約100ヘクタールに増え、2021年には西脇市、多可町に栽培地を拡大。現在では、全体で約160ヘクタールでもち麦を栽培している。

もち麦ごはんもち麦ごはん

元々水稲の栽培が主な土地で、コメの裏作としてシロガネコムギを作っているところがあったが、シロガネコムギを裏作で作る際のデメリットは、収穫時期と田植え時期が重なることたったため、収穫がシロガネコムギより2週間早いもち麦の栽培は生産者の大きなメリットとなり、もち麦の栽培が一気に拡がった。また、水稲と二毛作ができることから、収入がプラスオンになることも、生産者のメリットとなっている。

重要な記事

240401・シンジェンタ粒粒マイスター:右上長方形SP

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る