左バナー 人事2023
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー:FMC221007SP
朝日アグリア:PC
FMCセンターSP:ベネビア®OD

農政:全国会議員に聞く「どうするのかコロナ感染爆発」

倉林明子 日本共産党 参議院議員【緊急特集・全国会議員に聞く どうするのかコロナ感染爆発】2022年2月4日

一覧へ

倉林明子1.jpg倉林明子 参議院議員

〇倉林明子
〇日本共産党
〇参議院議員
〇選挙区:京都府
〇出身地:福島県

【1】これまでの政府のコロナ対策についての評価

現在の政府の対応は後手になっていると言わざるを得ない。岸田総理はコロナワクチン接種について「2回目接種後8カ月を待たずに、できる限り前倒しする」と表明したものの、3回目接種を終えたのは全国民のわずか2.7%に止まっている。安倍政権以来、コロナの検査戦略がなく、そのために多くの検査難民が生まれている状況にある。

【2】オミクロン株拡大による今後のコロナ対策で政府は何をすべきか。

早期に陽性者を発見し、隔離・保護し、適切な治療につなげる必要がある。オミクロン株の感染力により家庭内での感染が増えてきていることからも、「原則自宅療養」の方針は撤回し、自治体任せにすることなく国の責任で宿泊療養施設や臨時の医療施設を確保して適切に陽性者を隔離・保護できる体制を直ちに構築すべきである。
コロナ患者受け入れの医療機関はもとより、すべての医療機関への減収補てんと財政支援、医療や介護などのエッセンシャルワーカーの抜本的な処遇引き上げが急務。コロナ対策に逆行する医療費削減や病床削減政策はきっぱりやめ、医師や看護師の確保をすすめる。集約化や統廃合で減らされてきた保健所体制は抜本的に強化する。
これまでの自粛要請で打撃を受けているすべての中小企業や個人事業主、労働者に対して十分な補償を実施。事業者支援の持続化給付金や家賃支援給付金の再支給や継続支給、生活困窮者への給付金等の支援を抜本的に強化する。

【3】コロナ禍で見えてきた「日本社会の課題」と現政権に望むこと。

コロナ禍でこれまで「自己責任」を強いてきた政策の矛盾が噴出している。医療や公衆衛生体制を弱体化させ、非正規雇用を広げ、高齢者・障がい者・生活困窮者などを支えるあらゆる制度を後退させてきたこれまでの政府の責任は重大。
今こそ、弱肉強食を強い、自己責任を押しつける新自由主義政策を終わりにするとき。国民のいのちと暮らしを大切にする政治に転換し、医療や介護、障害福祉、保育などケアに手厚い社会を実現する必要がある。

最新の記事

シンジェンタ ミネクトコネクト SP 231101

みどり戦略

DiSC:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る