想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:デラン
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

10月8日、福島で農薬ゼミ 100組200人を招待2014年8月22日

一覧へ

 10月8日、福島県文化センター(福島市春日町)で農薬工業会東北支部主催の「お母さん、知って安心、家族も安心 やさしい『農薬ゼミ』」が開催される。現在、参加者を募集中。

 農薬ゼミは、農薬工業会が毎年全国各地で、主に主婦を対象に開催しているイベントだ。農薬の役割、人の健康や環境への影響、食の安全確保など、農薬や食の安全・安心について楽しく学べる内容になっている。
 今回は、このゼミに100組200人を無料で招待する(1人での参加も可)。応募が多い場合は抽選となる。参加者には、もれなく秋の味覚(農産物)と500円分のクオカードをプレゼントする。
 申し込みは、農薬工業会ホームページ、または下のチラシをプリントアウトしFAX(03-3451-8603)で。郵送でも受け付けている。問い合わせは(株)スパークル内農薬ゼミ事務局(TEL:03-3451-8602)まで。

agur1408220101.jpg

(上の画像をクリックすると、PDFファイルが開きます)

 

【イベント概要】
「お母さん、知って安心、家族も安心 やさしい『農薬ゼミ』」
○日時:10月8日(水)13:00?15:30
○会場:福島県文化センター「小ホール」
○参加費:無料
○定員:200人
○主なプログラム(敬称略)
▽講演 宮川恒・京都大学農学研究科長
▽講演 眞鍋昇・東京大学農学生命科学研究科
▽司会 松田朋恵・フリーアナウンサー

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る