農薬 ニュース詳細

2014.09.30 
熊本でIPMテーマにシンポ 11月6、7日一覧へ

 日本微生物防除剤協議会と、日本バイオロジカルコントロール協議会は11月6、7日、熊本でシンポジウムを共催する。テーマはIPM。

 両協議会はともに、微生物防除剤や天敵など生物農薬の普及、技術開発をめざしている。
 日本微生物防除協議会は平成20年から環境保全型農業シンポジウムを、日本バイオロジカルコントロール協議会は9年から講演会を、毎年全国各地で開催してきた。今回、両協議会がイベントを共催するのは2年ぶり。多様な作物でIPMが導入されている九州で、先進事例の報告や生物農薬についての最新情報の紹介などを行う。

【イベント概要】
「第7回環境保全型農業シンポジウム」「第18回日本バイオロジカルコントロール協議会講演会」〜“多様な農業”を支えるIPMの広がりについて話し合おう〜
○日時:11月6日(シンポジウム)、7日(現地研究会)
○会場: ホテル熊本テルサなど(熊本市中央区)
○参加費:3000円(資料代として)
○定員:300人
○申し込み・問い合わせ、主なプログラムについては、シンポジウム特設ホームページで。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ