Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
BASFヘッドSP:カスケード
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

熊本でIPMテーマにシンポ 11月6、7日2014年9月30日

一覧へ

 日本微生物防除剤協議会と、日本バイオロジカルコントロール協議会は11月6、7日、熊本でシンポジウムを共催する。テーマはIPM。

 両協議会はともに、微生物防除剤や天敵など生物農薬の普及、技術開発をめざしている。
 日本微生物防除協議会は平成20年から環境保全型農業シンポジウムを、日本バイオロジカルコントロール協議会は9年から講演会を、毎年全国各地で開催してきた。今回、両協議会がイベントを共催するのは2年ぶり。多様な作物でIPMが導入されている九州で、先進事例の報告や生物農薬についての最新情報の紹介などを行う。

【イベント概要】
「第7回環境保全型農業シンポジウム」「第18回日本バイオロジカルコントロール協議会講演会」?“多様な農業”を支えるIPMの広がりについて話し合おう?
○日時:11月6日(シンポジウム)、7日(現地研究会)
○会場: ホテル熊本テルサなど(熊本市中央区)
○参加費:3000円(資料代として)
○定員:300人
○申し込み・問い合わせ、主なプログラムについては、シンポジウム特設ホームページで。

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る