農薬 ニュース詳細

2015.05.11 
塩素系事業の売却計画に伴う合理化計画を発表 ダウ・ケミカル一覧へ

 ザ・ダウ・ケミカル・カンパニー(本社:米国ミシガン州)は、進行中の大半の塩素系事業分離に伴い、組織のさらなる合理化を進めると発表した。

 ダウは、的を絞り統合された高付加価値製品にポートフォリオをシフトする中で、地域市場への取り組みを強化するとともに、グローバル規模での効率性をさらに追求し、組織のさらなる合理化に取り組んでいく。これらの取り組みを通じてダウは、成長に向けた投資効率を最大化していく方針だ。
 今回の合理化により、全世界の同社従業員の約3%に当たる約1500人?1750人の従業員が削減されるが、ダウの価値が増大するとともに、生産性の向上につながるという。
 同時に競争力強化のため、製造設備の小規模な調整を図っていく。これにより影響を受ける設備は、全社の賞味資産価値の1%以下に当たる。この縮小計画を通じてダウは、市場変動に対応するとともに、関連事業の長期的な成長に向けて取り組んでいく。
 ダウは2015年第2四半期に、合計で約3億3000万ドルから3億8000万ドルとなる資産価値の減損などのリストラ関連費用を計上する。これらの計画は、今後2年以内に完了する見込みであり、合理化計画が総て完了すると、年間約3億ドルの操業コストが削減されることになる。
 ダウは、今回の合理化計画で影響を受ける地域のステークホルダーと対話を続けていくが、情報および協議プロセスにおける規則を順守していく考えだ。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ