農薬 ニュース詳細

2015.05.12 
がん治療ウイルス製剤「G47Δ」 大量生産法開発に着手 デンカ生研一覧へ

 電気化学工業(株)のグループ会社デンカ生研(株)は、このたび東京大学医科学研究所の藤堂具紀教授より委託を受け、藤堂教授が開発中のがん治療ウイルス製剤「G47Δ」の実用化に向けた大量生産法の開発に着手した。

 「G47Δ(デルタ)」は、遺伝子改変ヘルペスウイルス(HSV-1)を用いた新しいコンセプトのがん治療薬で、今年1月より、膠芽腫(こうがしゅ:悪性脳腫瘍の一種)を対象とした臨床試験のフェーズ2が、医師主導治験として開始されている。
 今後「G47Δ」の実用化には、大規模な製造方法や試験方法の確立が必要となるが、「G47Δ」はウイルスそのものを製剤化するため、特別な技術と経験が必要となる。
 デンカ生研は、長年に亘りワクチンとウイルス検査試薬の開発と製造を行っており、「G47Δ」の実用化に向けて必要となる技術と経験を有していることから、このたびの開発受託に至ったものだ。
 「G47Δ」は、がんのウイルス療法という新しい分野を開拓する、画期的な治療薬として期待されている。デンカグループは一日も早い実用化を通じて、医療の発展と人類の健康の増進に寄与していきたい、と考えている。
 この件に関する問い合わせは、電気化学工業(株)CSR・広報室(TEL:03-5290-5511)まで。 

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ