農薬 ニュース詳細

2015.09.01 
フランス向け高機能肥料販売事業を買収 住友商事一覧へ

 住友商事(株)は、欧州地域における農薬販売の基盤強化、事業拡大を図るため、同社の100%子会社SAE社を通じ、イタリア・シプカム社傘下アグロクオリタ社のフランス向け高機能肥料販売事業を買収した。

 住友商事の100%子会社で、農薬販売統括会社であるSumi Agro Europe Ltd(SAE社:英国・ロンドン)による同事業の買収は、同社が資本・業務提携しているシプカム社(イタリア・ミラノ)傘下のアグロクオリタ社(フランス)の高機能肥料事業()を買収・引き継いだものだ。
 SAE社は、傘下に擁する在フランス農薬販売会社SAF社(SAE社フランス支店)に同事業を吸収させることで、事業を展開していく。
 フランスの肥料消費量は世界第8位であり、中でも高機能肥料分野は、安心・安全な食品への関心の高まりと共に、年率10%の伸びを示している。
 SAF社は1996年の設立以来、果樹・野菜向け農薬を中心に事業を拡大してきたが、同事業の獲得により、トウモロコシ、小麦などの穀物向けの高機能肥料(殺虫剤との混合品含むマイクログラニュールなど)を新たに加え、商品ポートフォリオの拡充を図っていく。

窒素やカリウムなどを主成分とする一般的な肥料とは異なり、鉄やマンガンなどの元素(光合成や呼吸など植物の生理活動に必須)を含む、作物の生育を促進する物質。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ