左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

多収に効果 葉面散布用液体肥料「グルハートプラス」2016年7月6日

一覧へ

 味の素(株)は7月1日から葉面散布用液体肥料「グルハートプラス」を発売している。既存のグルハートより、グルタミン酸が約3倍多いため、収量の増加などの効果に期待できる。

グルハートプラス グルハートプラスは、雨天や低温時などの植物の生育不良の更なる改善を目指し、従来のグルハートよりグルタミン酸を約3倍に増量。また窒素、リン酸、カリウムを配合し、製品強化を図った。収量の増加やバレイショ、タマネギの大玉化に寄与するなどの効果が期待できる。
 同社はうま味成分のグルタミン酸をサトウキビやキャッサバなどの原料に微生物を用いた発酵法によって生産している。この過程でグルタミン酸やミネラルなどの栄養素を含む発酵液が生成される。従来のグルハートはこの発酵液を原料に作っている。散布イメージ図
(写真)グルハートプラス、散布イメージ図

最新の記事

コルテバアグリサイエンスSP

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る