Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
BASFヘッドSP:カスケード
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

統合合意取引に関する変更を発表 ダウ・デュポン2017年4月5日

一覧へ

 ダウとデュポンは、統合合意期限を8月31日に延長した。統合完了は8月1日以降となる。また統合完了後18カ月以内に、3社に事業を分割するが、材料科学事業を最初に事業分離する。

 デュポンとダウは、対等経営統合計画、および統合後の3つの上場企業設立に関連する複数の変更を発表した。
 デュポンが発表したFMC社との取引要件に合わせ、ダウとデュポンは統合合意契約のセクションで定められた「期限外」の定義を、2017年8月31日とし、統合完了の見込みを8月1日以降とする。両社の統合は、関連当局による承認など、通常の取引条件の充足を前提に行われる。
 デュポンのFMC社との取引は、2017年第4四半期の完了が見込まれる。取引完了にダウとデュポンは、統合完了後18カ月以内に計画している事業分割を実施する予定だ。また両社は、材料科学事業が最初に分割されることを見込んでいる。
 両社は、合併取引により、約30億ドルのコスト相乗効果、および10億ドルの成長効果を見込んでいる。
 ダウ会長兼CEOのアンドリュー・リバリスは、「今回の変更は必要なものであり、価値を創出する統合完了に向け、大きな前進となる」と述べ、デュポン会長兼CEOのエドワード・ブリーンは「われわれが発表した取引により、欧州委員会による承認条件を満たし、統合と3つの事業分割計画における戦略理論と価値創出の可能性が保持される」と述べている。

(関連記事)
ダウ・デュポン経営統合 欧州委が承認 (17.03.31)

ダウの会長兼CEOにSTEMリーダーシップ殿堂賞 (17.03.29)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る