Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

増収増益で売上高は132億ドル ダウ・ケミカル2017年5月15日

一覧へ

2017年第1四半期業績

 ダウ・ケミカルはこのほど、2017年第1四半期の業績を発表した。売上高は132億ドルで全地域で増加(前年同期比23%増)した。

 売上高は、ダウコーニングのシリコーン事業統合を反映し、前年同期比23%増の132億ドルだった。同取引の影響を除くと11%増となる。販売価格(7%増)および販売数量(4%増)の増加を反映し、売上高は農業科学事業部門を除く全部門・全地域で増加した。
 同社アンドリュー・リバリス会長兼CEOは「当期は過去最高のEBITDA(金利・税金・償却前利益)を達成することができた。それは、ダウが強力なポートフォリオを構築し、急速に変化するビジネス環境において、敏捷性を維持するために強力な取組みを実行した結果」と説明した。
 続けて「業界をリードする統合と、世界レベルのイノベーションに裏打ちされたダウのビジネスモデルが、どのような状況でも通用することを改めて証明したもの」と、事業経営に対する強い自信を伺わせるコメントを寄せている。 

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る