農薬 ニュース詳細

2019.04.08 
「赤かび病」用 「バラライカ(R)B水和剤」を発売 バイエル一覧へ

 バイエル クロップサイエンス(株)は、2種類の有効成分(テブコナゾール、キャプタン)を配合し、小麦の赤かび病対策に優れた効果を発揮する殺菌剤「バラライカ(R)B水和剤」を、北海道地区限定で4 月8 日から販売を開始する。

小麦「赤かび病」に効果 「バラライカ(R)B 水和剤」 バイエル テブコナゾールは、小麦赤かび病フザリウム菌に対し高い防除効果がある。キャプタンは、糸状菌による病害に幅広い効果とニバーレ菌を含む赤かび病に優れた効果を示す。更に、両成分とも、赤かび病菌が産生するカビ毒の一種DONに対する抑制効果を有している。
 本剤は、この2種類の有効成分を最適配合することで、小麦の最重要病害である赤かび病とカビ毒汚染を抑制し、品質の高い小麦の収穫に貢献できると同社は考えている。

 

 

 

【バラライカ(R)B水和剤の特長】
・赤かび病フザリウム菌に効果の高いテブコナゾール、ニバーレ菌に効果の高いキャプタンの新規混合剤
・系統の異なる有効成分の混合剤で、耐性菌の発達リスクの少ない薬剤
・フザリウム菌によるDON(カビ毒の一種)F生成とニバーレ菌の同時防除が可能
・開花期に本剤を使用することで、安定した防除効果を示す

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ