想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドPS:バスタ液剤210125
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

伊藤忠商事 昆虫テクノロジー企業「ムスカ」とパート ナーシップ提携2019年5月8日

一覧へ

 伊藤忠商事は、昆虫を用いた100%バイオマスリサイクルシステムを開発した(株)ムスカ(福岡県福岡市) に出資し、戦略的事業パートナーとなった。

 ムスカは旧ソ連の宇宙開発関連技術を起源とする昆虫(イエバエの幼虫)を活用した100%バイオマスリサイクルシステムを確立した昆虫テクノロジー企業。
 一般的に家畜の排泄物を原料としてつくる堆肥は、微生物の活動により最低2~3か月程度かかる。さらに、堆肥になる過程で温室効果ガスが排出されるが、ムスカの昆虫を活用したシステムの場合、1週間程度と短期間で肥料化できる上、昆虫の消化酵素により分解されるため、温室効果ガスの発生量も抑えることが可能。このシステムで成長した昆虫は、畜産農家や魚の養殖業者に提供され、供給限界に近づく飼料市場にも貢献するという。
 伊藤忠商事は、ムスカへの出資に加えて、国内初となるムスカのバイオマスリサイクル設備の第1号プラントへの参画を検討。また、既存事業やビジネスとの相乗効果をにより、 将来の食糧危機の解消や世界の持続可能な発展に向けた循環型社会の実現を目指す。

最新の記事

国際衛生SP:パナミエール

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る