農薬 ニュース詳細

2019.07.19 
BASFアジア太平洋地域プレジデントにカローラ・リヒター氏一覧へ

 BASF(本社:ドイツ)は、7月1日付で、カローラ・リヒター氏がBASFアジア太平洋地域プレジデントに就任したことを発表。東アジアおよび南アジア、アセアン、オーストラリア、ニュージーランドを担当する。前任のランクマー・ダルヴァ氏はベルギーのワーテルローで、グローバルモノマー事業本部の責任者となった。

カローラ・リヒター BASFアジア太平洋地域プレジデント

カローラ・リヒター氏

 

 リヒター氏は、2003年に、経営コンサルタントとしてBASFに入社。その後、香港およびドイツで、グローバル・マーケティング&テクノロジーのシニアバイスプレジデント、グローバル・ビジネス・マネジメント・衛生用品のバイスプレジデントなどを経て、直近では、ルートヴィッヒスハーフェンにて、エコノミック・エバリュエーション シニアバイスプレジデントを務めた。
 1973 年ドイツ生まれ。ハイデルベルク大学にて物理学および数学の博士号を取得。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ