左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

売上高前年同期比4%減 BASF19年第2四半期2019年7月31日

一覧へ

特別項目控除前営業利益は27%減

 BASF(本社:ドイツ)は、2019年第2四半期の業績を発表した。

 2019年第2四半期の売上高は、前年同期比4%減の 152億ユーロ。主にイソシアネートとクラッカー製品事業の影響により、販売価格が2%下落し、販売量は6%減だった。ニュートリション&ケアを除く全事業セグメントで、販売量が減少し、ケミカル事業セグメント、アグロソリューション事業セグメントで、減少が顕著だった。
 これは、ベルギーのアントワープおよび米国テキサス州のポートアーサーでスチームクラッカーの定期修繕を実施したこと、さらに北米で悪天候が続き、アグロソリューション事業セグメントが打撃を受けたことが原因。バイエルから買収した種子事業および非選択性除草剤事業によるポートフォリオ変更の影響により、2%増の貢献があり、為替の影響も 2%増の貢献となった。
 また、特別項目控除前EBITDAは、20億ユーロで前年同期比 27%減。特別項目控除前営業利益は、前年同期比47%減の10億ユーロだった。
 純利益は、石油開発子会社、Wintershall(ヴィンタースハル)を連結対象外としたことで、前年同期比で50億ユーロ増の65億ユーロだった。
 第2四半期のマクロ経済環境は、同社にとって厳しいものだったことから、BASF取締役会会長 マーティン・ブルーダーミュラー氏は、「現在は非常に不確実な要素が多く、見通しも悪いため、予測が立てられません。それが第2四半期の業績にはっきりと反映されています」と述べた。

 厳しいマクロ経済環境を考慮し同社は、2019年の見通しを7月8日に修正し、売上高は微減、特別項目控除前営業利益は最大30%の大幅減になると予測している。2019年通年の投下資本利益率(ROCE)は、前年を大幅に下回る見込み。

最新の記事

ナガセサンバイオSP

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る