Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

営業利益19.6%減 日本農薬9月期第3四半期決算短信2019年8月20日

一覧へ

 日本農薬は8月8日、9月期第3四半期決算短信を公表した。農薬事業の売上げは0.7%減、営業利益は19.6%減となった。

 今期の農薬事業の売上高は、前年同期比0.7%減の439億2600万円。営業利益は、同19.6%減の28億200万円だった。
 国内農薬販売は園芸用殺虫剤「フェニックス」や、殺ダニ剤「ダニコング」など主力品目の一部取り扱い中止や、昨年の自然災害による防除機会の減少で国内販売全体の売上高は前年同期を下回った。
 海外農薬販売では、世界最大のブラジル市場の需要回復を受け、Sipcam Nichino Brasil S.A.の売上高が伸びた。一方、北米では天候不順の影響や、降雨量が少なかったインドで作付けの遅れなどから農薬需要が低迷。海外販売全体の売上高は前年同期を下回った。なお、ノウハウ技術料収入は、技術導出先による同社開発品目の販売が好調に推移したことから前年同期を上回った。

 農薬以外の化学品事業の売上高は、前年同期比3.9%増の28億8500万円。営業利益は、同13.5%増の9億8300万円。シロアリ薬剤分野でアグリマートの売上高が伸び、医薬品事業では、外用抗真菌剤「ルリコナゾール」の爪白癬分野での販売が好調だった。
 全体で営業利益は、前年同期比11.1%減の35億3400万円。経常利益は同11.4%減の34億6000万円 となった。親会社に帰属する当期純利益は25億2600万円(前年同期比5.0%増)となった。

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る