Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

農薬の安全性啓蒙活動の重要性確認 全農薬が通常総会2019年11月15日

一覧へ

全国農薬協同組合は11月13日、東京平河町の海運ビルで、第54回通常総会と第42回全国農薬安全指導者協議会を開いた。


挨拶する大森茂理事長 全国農薬協同組合の大森茂理事長は挨拶で「昨今、ネオニコチノイド剤やグリホサート剤の安全性を懸念する団体の動きが活発化しているだけに、農家への安全使用の啓蒙活動のみならず、一般消費者の農薬に対する誤解や偏見に対して、正しい情報提供がますます必要になってくると考えている。具体的には、毎年実施している各県支部での農薬シンポジウムなどを通じて、農薬のイメージアップ、農薬の安全性等の啓蒙活動に努めていきたい」と、農家・消費者に正しい知識・認識を持ってもらうことの重要性を述べた。

 議事では、1令和元年度事業報告、収支決算、2令和2年度事業計画(案)、収支予算(案)及び農薬シンポジウム報告(三重、和歌山、香川)と農薬危害防止運動報告(北海道)に続き、大日本住友製薬株式会社の多田正世代表取締役会長による「特別講演:農薬卸業の将来~医薬卸業は参考になる?」が行われた。

挨拶する大森茂理事長

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る