左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

水稲害虫に効果 環境に優しい 殺虫剤「リディア」発売開始 meiji2019年12月19日

一覧へ

 MeijiSeikaファルマは、来年1月6日に新規水稲用育苗箱専用殺虫剤「リディア箱粒剤」の発売を開始する。

リディア姫イメージキャラクター「リディア姫」と新製品を紹介する小林大吉郎社長

 「リディア箱粒剤」は、Meijiが開発した新規殺虫成分「フルピリミン」を有効成分とする殺虫剤だ。フルピリミンは、昆虫の神経伝達系に作用して麻痺を引き起こして殺虫効果を発揮するというこれまでにない作用性をもっている。初期害虫、ウンカ類、チョウ目害虫などに高い殺虫効果示すだけではなく、既存の殺虫剤に対して感受性が低下した害虫にも効果がある。
 さらに有効成分が速攻的でしかも持続的に作用するのでウンカ類が媒介するウイルス病の抑止効果も期待できるという。

 そのうえ、フルピリミンは、セイヨウミツバチやマルハナバチ、マメコバチなどのハチ類に対して影響がほとんどなく、田んぼの近くでハチが放飼されているような環境でも安心して使用できると同社では試験結果を示して説明している。また、クモやヤゴなどの有用昆虫や天敵昆虫に対しても影響はほとんどないという環境に優しい殺虫剤だ。
 当面は「リディア箱粒剤」だけだが、2020農薬年度内には本田殺虫剤の「エミリア フロアブル」と殺虫殺菌剤「Dr.オリゼ リディア箱粒剤」を上市し、普及面積50万haを目標に展開していくことにしている。なお、販売ルートは、商系はMeiji、系統は北興化学となっている。

最新の記事

ナガセサンバイオSP

注目のテーマ

注目のテーマ

DiSC:SP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る