秋特集:国生国産PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:イントレックス
FMCセンターPC:ベネビア®OD
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(SP)センター

殺線虫剤の市場規模 2027年に30億米ドル到達予測2022年11月17日

一覧へ

グローバルインフォメーションは11月16日、市場調査レポート「殺線虫剤の世界市場:種類別 (化学薬品、生物学製剤)・線虫の種類別 (ネコブセンチュウ、シストセンチュウ、ネグサレセンチュウ)・適用方式別 (散布、客土、種子処理、燻蒸)・剤形別・作物の種類別・地域別の将来予測 (2027年まで)」(MarketsandMarkets)の販売を開始した。

殺線虫剤の市場規模 2027年に30億米ドル到達予測

同レポートによると、殺線虫剤の市場規模は、2022年の19億米ドルから年平均成長率(CAGR)9.9%で成長し、2027年には30億米ドルに達すると予測。植物寄生性線虫は、作物栽培の成否、生産性、と作物生産全般において生物学的ストレスとなる。作物の収量に直接的な損失を与えるだけでなく、他の病原菌を含む複合病害の発生源のひとつとなっている。

殺線虫剤市場は、世界各国で規制機関によって管理されている。アジア太平洋地域などでは、その導入と使用を監視するための規制はまだあまり進んでいないが、欧州では農薬に関する法律が厳しく、有害な化学物質の多くが段階的に廃止されている。有機農業や持続可能な農法の普及が、世界レベルで市場の成長を後押し。この流れのなか、バイオネマチドの採用が可能になった。作物の品質と収量の向上に注目が集まる中、種子処理も主要な分野となっている。

北米地域は2027年までCAGR9.4%で成長予測

耕作地の減少や食料ニーズの高まりから、北米市場は世界の殺線虫市場を支配すると予測。また、新しい農法の採用により、同地域における殺線虫剤の需要増が考えられる。その結果、生物由来の線虫に対する世界的な需要や、作物への線虫の侵入の増加により、同市場の拡大が予想される。ダイズやトウモロコシなどの作物に対する国際的な需要の高まりにより、北米では線虫剤の使用範囲が拡大している。

アジア太平洋地域は、2021年に23.3%の市場シェアを獲得し、2027年までCAGR 6.8%で成長すると予測。食の安全、衛生、品質に関わる農業政策が、アジア太平洋地域における殺線虫剤の適用を拡大させている。米国などでは、点滴灌漑による散布の採用率が高く、ダイズやトウモロコシなどの作物を栽培している農地での殺線虫剤の散布効率が向上した。

土壌ドレッシング方式は2027年までにCAGR9.5%で成長予測

土壌は、乾燥配合物、または、スラリーや液体配合物により湿式処理される。土壌ドレッシングは、感染した作物の根元付近に、輪状に散布する方法。労働集約的であるため、資本集約的な北米地域とは対照的な、アジア太平洋地域で普及している。粒状殺線虫剤を提供する企業には、FMC Corporation(米国)、ADAMA Agricultural Solutions(イスラエル)、Bayer(ドイツ)などがある。

果物・野菜部門は、2027年までCAGR10.7%で成長予測

果物や野菜は、温室や露地で大規模に栽培される高価値の作物。ニンジン、ジャガイモ、トマトなど多くの作物に線虫感染が増加しているため、野菜セグメントが同市場の大半のシェアを占めている。線虫に感染した根は傷つき変形するため、商品の品質や収量を低下させる。また、線虫は細菌や菌類による悪影響を強める。そのため、生産者は、線虫を防除し、作物の損失を避けるために、殺線虫剤を使用。農家では有機栽培の果物や野菜、穀物への要望が高まっており、バイオベースの殺線虫剤のニーズが、今後数年間で高まることが予想される。作物生産への莫大な投資と、食料消費の変化が、生産者に特殊作物生産への移行を促している。

最新の記事

シンジェンタポータルフェーズ:右上長方形SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る