想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

農薬:防除学習帖

畑地雑草の防除1【防除学習帖】第77回2020年11月13日

一覧へ

野菜に限らず、露地で農業生産を行う場合は、必ず雑草との闘いが待っている。雑草は、せっかく施した養分の収奪や光の競合などで作物の生育を抑制したり、種の混入などで品質を悪くしたりする。豊かな収穫を得るためには、除草防除が欠かせないものであるが、1つのほ場に多年生のものや一年生のもの、イネ科や広葉など多種多様な雑草が生えてくるし、またそれらの発生状況が作物ごと、地域ごとに異なる。ところが、除草作業というのは、1つのほ場に対して行われるため、病害虫であれば複数の病害虫が同時に発生しているようなものである。このため、病害のように「○○病の防除法はこれ!」といったまとめはしづらいので、除草法の使用場面ごとに整理してみる。また、野菜で除草が必要になるのは、露地での栽培が主体となるので、以降、畑地雑草の防除法を紹介する。

1.畑地雑草の耕種的防除法

(1)手で取る(テデトール)
雑草の物理的防除の代表。耕作が始まって以来ずっと行われている手で引き抜く除草法である。これは薬害もなく、確実に除草できる優れた方法であるが、労力がかかりすぎるため、大面積では使えない。

(2)マルチ・遮光シート・除草シートの設置
雑草も植物なので、基本的に光合成を行って生長する。このため、太陽光を遮られると生育できない。この太陽光を遮る方法がマルチや除草シートの設置である。ただ、ほ場全面を覆うことはできないので、畝単位や畦畔など限られた面積を覆うのが一般的である。ただ、手間な点もある。それは、作物を植えるために穴をあけなければならないので、穴開け作業が手間な点(最近は最初から穴が開いているマルチも販売されているがやや割高)やその穴のわずかな隙間から雑草が生えることもあることだ。
加えて、作物によって使うマルチやシートが異なる場合があるので、使い方をよく確認して被覆資材を選ぶようにする必要がある。

(3)カバークロップ
自然界では、植物同士が、光や水、養分を競合しながら生き残るためにしのぎを削っている。なので、一面を1つの植物で多いつくされているような場所には、他の植物は生育しづらい環境になる。このことを利用して、あらかじめ同一の植物で地面を覆い、雑草を生えにくくする方法である。ただ、主作物の生育に影響があってはいけないので、畦畔であったり、法面であったりと使用できる場面は限られるが、除草しないで済む面積が増えることは労力面で大きなメリットとなる。
収穫対象の作物ではないが除草効果や緑肥効果など農作物にとって有益な働きをするものをカバークロップと呼んでいる。その代表的なものは次のとおり。他にも多数のカバークロップ(カバープランツともいう)があるので、用途に合わせて利用すると良い。

雑草抑制が期待される主なカバークロップ

(4)中耕除草
ダイズなどでよく使われる方法。生育期に畝間を耕起・土寄せして物理的に除草するのに加え、株元に生えている雑草の上に土を被せ、被覆効果によって除草する。

2.畑地雑草の化学的防除

畑地雑草防除に使用される除草剤は、土壌処理剤、茎葉処理剤、非選択性茎葉処理除草剤の3つに分けられる。その特徴と使用時期・方法の概要は以下のとおり。
次回、除草成分ごとの特徴を紹介する。

除草剤の区分と特徴



このシリーズの一覧は以下のリンクをご覧ください

防除学習帖】

NOYAKU1_1600_900.jpg

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る