第43回農協人文化賞:PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCベリマークSC:(SP)センター
FMCプレバソンPC
JA全中中央SP

農薬:防除学習帖

トマト病害虫雑草防除のネタ帳 施用法①【防除学習帖】第201回2023年5月27日

一覧へ

現在、防除学習帖では、トマトの病害虫雑草の生態や防除法を紹介しており、前回までに、トマト栽培で問題となる病害虫雑草の種類や防除法について紹介した。このシリーズ最後に農薬の施用法についてご紹介する。農薬には様々な製剤があって使い方も様々であり、これを安全にかつ上手に使いこなすためには、農薬の取り扱いやそれぞれに応じた施用法を知る必要がある。そこで、農薬の製剤や上手な施用法について紹介する。

1.農薬の剤型

農薬が効果を発揮するためには、有効成分をムラなく農作物に付着させる必要があり、そのことを実現し、散布しやすいように工夫されているのが剤型である。剤型は、有効成分の性状(固体か液体か、水に溶けるか溶けないか)に合わせて多数のものがあり、用いる施用方法や使い勝手、散布労力、環境影響に大きく影響する。

大きく分けて、水に希釈して散布するもの(水和剤、エマルション剤、液剤、フロアブル剤、SC剤、水和剤、水溶剤など)と製剤をそのまま散布するもの(粉剤、粒剤、粉粒剤、ジャンボ剤など)、製剤を加熱して煙を発生させて施設内に充満させるもの(くん煙剤)、ガス状の有効成分を直接施用するもの(くん蒸剤)、そのまま塗り付けるもの(塗付剤、ペースト)、製剤そのものを食べさせるもの(ベイト剤)、液体そのものを希釈せずに使用するもの(油剤)、肥料に農薬を混ぜたもの(農薬入り肥料)などがある。

以下、剤型とその特徴の概略を紹介するが、農薬剤型全体の理解を深めるため、トマト栽培で使用しないものも割愛せずに紹介する。(つづく)

水に希釈して使用する剤型とその特徴

水に希釈せずそのまま使用する剤型とその特徴

最新の記事

ヤンマーSP

みどり戦略

DiSC:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

住友化学右正方形SP:2023

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る