食品流通 ニュース詳細

2019.04.03 
暖冬傾向で前年を上回る 外食産業 2月の動向一覧へ

 (一社)日本フードサービス協会は、同協会会員社を対象とした外食産業市場動向調査の平成31年2月度の集計結果をまとめた。

 2月は、暖冬傾向で気温が高く、天候が安定していたことが外食需要の下支えとなり、ファーストフードを中心に堅調に推移。全体の売上は、101.9%と30か月連続で前年を上回った。
 ファーストフードを中心に導入が進む宅配代行サービスやQR決済の売上も、全体の売上への効果は限定的だが伸長している。
 業態別に見ると次の通り。

【ファーストフード】
 前年比102.4%。ハンバーガーなど「洋風」カテゴリーは、期間限定商品やお得なランチセットが好調で宅配代行サービスも伸びた。「和風」は、定食メニューの好調や割引パスポートの販売効果で客単価が上昇。そばやうどんなど「麺類」は、店舗数の増加や新メニューの強化、CM効果により101.7%アップした。

 

【ファミリーレストラン業態】
 全体売上は101.1%と前年を上回ったが、業種別では、「洋風」「和風」で各社まちまち。期間限定品やフェア品が堅調な一方、集客が振るわなかったことから、「洋風」は売上が100.5%、「和風」は、99.6%と前年を下回った。なお、「中華」はテレビCM効果で104.1%、「焼き肉」は、店舗増もあり102%と引き続き好調だった。

 

【パブ・居酒屋業態】
 飲酒業態では週末需要が堅調で「パブ・ビアホール」は売上104%、「居酒屋」は春節のインバウンド需要もあり101.9%。

 

【ディナーレストラン業態】
 鍋のお得キャンペーンなど集客が堅調で101.9%。

 

【喫茶業態】
 プレゼントキャンペーンやフードメニューの強化により101.2%だった。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ