左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

「ファベックス」に新開発の環境対応製品を出展  デンカポリマー2019年4月18日

一覧へ

 プラスチック食品容器のデンカポリマー(株)は、19日まで東京ビッグサイトで開催中の食材・機 器・容器の業務用専門展「ファベックス」で、新素材の機能性食品容器「プラピス」と「クリアリード」 を出展している。

 「プラピス」は、新開発のバイオプラスチック「プラピス」を加工・成型した食品容器。同社グループ会社の東洋スチレンが開発した、ポリ乳酸(PLA)とポリスチレン(PS)を複合させた原料を使用した業界初のバイオプラスチック素材だ。
 PLAを25%以上使うことで石油由来のプラスチック使用量の削減に貢献する食品容器となった。また、耐薬品性、耐油性および耐熱性にも優れていることから、幅広い用途で使える。

デンカポリマーの「プラピス」デンカポリマーの「クリアリード」

石油由来のプラスチック削減を期待できる「プラピス」(左)と「クリアリード」

 

 一方、「クリアリード」は、高強度BOPSを加工・成型した食品容器。同社が開発した高強度BOPSを使っている。
 従来のBOPS製容器と比較して5%、A-PET製容器と比較して35%の軽量化を実現。これにより、石油由来のプラスチック削減および輸送コストの低減を通じたCO2排出量の削減に貢献する。

最新の記事

シンジェンタSP

注目のテーマ

注目のテーマ

DiSC:SP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
ヤンマーPC右上
DiSC右正方形1PC
新世紀JA研究会 課題別セミナー右正方形2PC
JA共済連右横長1PC
JAバンク右横長1PC
JA人づくり研究会右横長1PC
ニューロング右横長1PC
新世紀JA研究会右横長1PC
農協研究会右横長1PC

注目の情報

最近よく読まれている記事

topへ戻る