食品流通 ニュース詳細

2019.04.18 
「ファベックス」に新開発の環境対応製品を出展  デンカポリマー一覧へ

 プラスチック食品容器のデンカポリマー(株)は、19日まで東京ビッグサイトで開催中の食材・機 器・容器の業務用専門展「ファベックス」で、新素材の機能性食品容器「プラピス」と「クリアリード」 を出展している。

 「プラピス」は、新開発のバイオプラスチック「プラピス」を加工・成型した食品容器。同社グループ会社の東洋スチレンが開発した、ポリ乳酸(PLA)とポリスチレン(PS)を複合させた原料を使用した業界初のバイオプラスチック素材だ。
 PLAを25%以上使うことで石油由来のプラスチック使用量の削減に貢献する食品容器となった。また、耐薬品性、耐油性および耐熱性にも優れていることから、幅広い用途で使える。

デンカポリマーの「プラピス」デンカポリマーの「クリアリード」

石油由来のプラスチック削減を期待できる「プラピス」(左)と「クリアリード」

 

 一方、「クリアリード」は、高強度BOPSを加工・成型した食品容器。同社が開発した高強度BOPSを使っている。
 従来のBOPS製容器と比較して5%、A-PET製容器と比較して35%の軽量化を実現。これにより、石油由来のプラスチック削減および輸送コストの低減を通じたCO2排出量の削減に貢献する。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ