左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

毎日食べ続けられる「おいしいヨーグルト」 生活クラブ2019年5月23日

一覧へ

 生活クラブ生協連合会(東京都新宿区)は、毎日食べ続けられる「おいしいヨーグルト」をコンセプトに開発した「生乳100%ヨーグルト」と「とろーり加糖ヨーグルト」を6月から発売する。

 「生乳100%ヨーグルト」と「とろーり加糖ヨーグルト」は、幅広い年代の人が毎日食べ続けられるヨーグルトを目指して開発。組合員が主体となりヨーグルトの最新研究結果をもとに会議やモニタリングを重ねて誕生した。
 「生乳100%ヨーグルト」は、既存のプレーンヨーグルトの強い酸味が若い世代には受け入れられにくいことから、最新の乳酸菌の中で日にちが経っても酸っぱくなりづらい仏ダニスコ社の「883LYO」を採用した。
 また、「とろーり加糖ヨーグルト」は、乳脂肪分2.0%と脂肪分控えめでおやつにぴったりな加糖ヨーグルト。特に子どもに人気の高かったデンマークのクリスチャンハンセン社製の乳酸菌「Mild1.0」を使った。スプーンでかき混ぜると名前の通り「とろーり」とした食感を楽しめる。
 「生乳100%ヨーグルト」は、6月3日発売、212円(400g)。「とろーり加糖ヨーグルト」は、6月10日発売、198円(80g×3)。いずれも価格は税抜。

 

生乳100%ヨーグルト 生活クラブとろーり加糖ヨーグルト 生活クラブ

生乳100%ヨーグルト(左)ととろーり加糖ヨーグルト

最新の記事

ヤンマーSP

注目のテーマ

注目のテーマ

DiSC:SP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る