食品流通 ニュース詳細

2019.06.24 
北海道産ベビーほたて唐揚げを発売 生活クラブ一覧へ

 生活クラブ生協連合会は、 北海道噴火湾で獲れたベビーほたてを使った冷凍食品「北海道産ベビーほたて唐揚げ」を7月に発売する。

20190624 ベビーほたて唐揚げ 生活クラブ簡単調理で忙しいときのおかずにもぴったりな「北海道産ベビーほたて唐揚げ」

 

 「北海道産ベビーほたて唐揚げ」は、 北海道室蘭市などに囲まれた噴火湾(内浦湾・胆振湾)で、 1~4月にかけて間引きされた帆立稚貝を使い、スチームボイルで短時間で蒸し上げ、 鰹エキスや昆布エキスを含んだ醤油ベースのたれに漬け込み、小麦粉をまぶしている。1粒が約3グラムと小粒で、 子どもから年配まで幅広い年代に食べやすく、酒のつまみにも合う。
 農林水産省の2017年調査によると、全国の天然ほたて貝の漁獲量(水揚げ量)のうち、北海道は全国シェア99.2%で、約23万トンと圧倒的なシェアを誇る。周囲に活火山が多いことからその名がつけられた北海道南西部の噴火湾は、特にほたての養殖が盛んな地域だ。
 生育度合いを見ながら手作業で間引きされるベビーほたては、小さいながらもDHAやタウリン、ビタミンB12、葉酸や亜鉛が抱負に含まれている。
 「北海道産ベビーほたて唐揚げ」は、凍ったまま170~180度の油で1~2分で揚げるだけで調理は簡単。下味がついており、そのままでもおいしく食べられる。
 140グラム入り、390円(税抜)。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ