Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

新型コロナ影響でアンケート 「人の多い場所を避けた」が8割 日本生協連2020年4月6日

一覧へ

 日本生協連は、「新型コロナウイルス感染症についてのアンケート」の結果について概要をまとめた。同アンケートは、新型コロナウイルス感染症の流行による暮らしや購買に関する影響について明らかにすることを目的に、日本生協連に加盟する全国10の生協・生協事業連合の組合員を対象に行われ、有効回答数6349からの回答を集約した。

■「人の多い場所へ出かけるのを避けた」8割、「自宅で過ごす時間が増えた」6割
 調査では、新型コロナウイルス感染症の影響で、自身や同居家族の生活に影響があったか聞いたところ、上位3位は「人の多い場所へ出かけるのを避けた」(80.8%)、「自宅で過ごす時間が増えた」(64.1%)、「旅行や外出の予定を取りやめた・控えた」(53.6%)と答えた。

 また、自身や同居家族が自宅ですることが増えたか自由回答で聞いたところ、「テレビ」や「ゲーム」といったワードが多く確認された。


■休園・休校中の子ども・孫の平日の昼食は家での準備に負担
 休園・休校期間中の子ども・孫の平日の昼食をどのように準備したか質問したところ、「食事の時間に大人が準備」するが68.2%と最も多く、次いで「大人が作り置き(弁当以外)」が27.4%、「子ども・孫が準備(冷凍食品・即席食品などの利用を含む)」が26.8%となった。

 さらに、自由回答で、子ども・孫が休園・休校期間中に組合員自身が困ったこと・大変だったことを聞いたところ、「ご飯の準備」が最も多く、子ども・孫が休園・休校期間中に組合員自身があって助かったものなどについては、「冷凍食品」「レトルト食品」が挙がった。


■情報取得手段として利用することが最も多いのは、「テレビ」
 新型コロナウイルス感染症の流行についての情報を得るために利用することが多かったものを聞いたところ、「テレビ」が最も多い90.2%。続いて「インターネット(SNS以外)」が66.0%、「新聞」が47.1%となった。また、「家族・知人からの情報」(19.7%)や「SNS」(17.2%)と答えた人も一定数いることがわかった。

 同調査結果の詳細版は4月末頃に取りまとめる予定。

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る