Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

豊橋市が運営する花の産直サイト「花いちば.com」オープン2020年7月15日

一覧へ

愛知県豊橋市は7月14日、花農家から直接バラやコチョウランなどの花をお得な価格で購入できる産地直送ショッピングモール「花いちば.com」を開設した。

豊橋市が運営する花の産直サイト「花いちば.com」旬の一番よい状態の花が生産者から直接届く


豊橋市は、56年連続日本一の花の産地、愛知県の中でも屈指の生産地。しかし、新型コロナウィルスの影響を受け、卒業式や入学式などイベント自粛により花の需要が激減し厳しい状況にある。市場では一時、値がつかず、販売機会を失った花は消費者の手に届くことなく廃棄された。

「花いちば.com」は、こうした状況を打開しようと、独自の販売ルートがなく、インターネット販売の知識に乏しい農家でも、生産した花をより多くの人々に届けられる仕組みとして開設した。サイトには、8戸の花農家が出店しており、バラ、デルフィニウム、トルコギキョウといった切り花のほか、鉢花の、コチョウラン、シンビジウム、ボロニア、グズマニアや、多肉植物の寄せ植えなど多彩なラインナップを揃えている。今後、参加農家は増える見込み。

旬の時期に一番良い状態で花を届けるため、「お届け日が指定できない」という一見デメリットもあるが、生産者が直接販売するため、通常より安い価格で買えるのも魅力のひとつ。また、農家から花の生産状況が配信され、購入時期や花の楽しみ方など農家と消費者が交流しながら、楽しめる仕掛けになっている。

現在、問い合わせページから先行予約を受け付けており、正式販売は8月22日からとなる。

【花いちば.com】


豊橋市が運営する花の産直サイト「花いちば.com」 

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る