想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:ゴーゴーサン
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

日本初の産業用水中ドローンメーカー FullDepth 「地域未来実現プログラム」に採択2020年10月21日

一覧へ

自社開発の産業用水中ドローン「DiveUnit300」を軸に水中のプロの仕事をサポートする筑波大学発のスタートアップ、(株)FullDepth(フルデプス)は、福島県の「地域未来実現プログラム」の第1期採択企業として選定された。今後は、福島県と共に実証実験に向けて協議を進めていく。



同プログラムは、福島イノベーション・コースト構想を推進する福島県浜通り地域等15市町村における、「社会・地域課題」をテーマとして、新たな解決シーズとそれを持つ企業などを全国から集め、5か月のプログラムを通じて、同地域がめざす未来に繋がる実証実験と解決シーズの実装を目的としている。

海洋の産業は、洋上風力発電、大規模漁業等、新たな開発が進んでいるが、環境への影響や資源量の把握について十分な調査が行われていない。同社は、将来にわたり人類が地球で活動を続けるには、海洋の情報把握は必要不可欠であると考え、同プログラムで、洋上に設置する遠隔海洋観測装置とその情報を集約するクラウドシステムの開発を実施。「海洋資源量の把握」や「環境情報の取得」を実現するための基盤構築をめざす。

【株式会社FullDepth チャンネル】

最新の記事

国際衛生SP:パナミエール

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る