2022夏季特集:PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
石原バイオサイエンスヘッドSP:ネマトリンエース
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(PC)センター
FMCセンターSP:ベネビア®OD

お茶市場 2027年までに68,950百万ドルに達すると推定2021年1月6日

一覧へ

Reportocean.comは「お茶の市場調査レポート」を追加。成長ドライバー、市場機会、課題、競争環境、茶産業の脅威など、主要な市場に焦点を当てている。

お茶市場 2027年までに68,950百万ドルに達すると推定

レポートによると、世界のお茶の市場規模は2019年に55,144百万ドルと評価され、2020年から2027年までに6.6%のCAGRを記録。2027年までに68,950百万ドルに達すると予測されている。
緑茶セグメントは、2019年に16,362百万ドルで、市場へ最も貢献。予測期間中の9.8%のCAGRで、2027年までに261億1,000万ドルに達すると推定されている。

中国は、2019年に市場全体のかなりのシェアを占めた市場のひとつ。

市場概況

お茶は最も一般的に消費される飲み物で、いくつかの健康上の利点がある。芳香飲料は、カメリアシネンシスの植物の葉の加工と発酵によって作られている。フラボノイドとして知られる潜在的な抗酸化物質が含まれており、体内の有害なフリーラジカルを安定。さらに、お茶に、ビタミンC、K、B12、B6、Eが含まれている。微量のカリウム、マンガン、マグネシウム、カルシウムのミネラルと、L-テアニンのような異なったアミノ酸も含まれる。
お茶に関するいくつかの研究と研究は、お茶がガンを予防し、コレステロールを下げ、体重減少を促進し、免疫力を高めることを示唆。主に、お茶は発酵または酸化の程度に基づいて黒茶と緑茶に分類できる。

市場の推進要因と抑制要因

お茶市場の成長は、炭酸飲料からお茶へと注目を移している人々の健康関連の懸念の高まりによって推進。さらに、カフェ文化の台頭、可処分所得の増加、人々の嗜好の変化、さまざまな市場プレーヤーによるお茶への追加の健康成分の導入は、市場の成長を推進する他のいくつかの要因がある。一方、予測できない天候、高い生産コスト、およびコーヒー消費の傾向による原材料のコストの増加は、予測期間中の市場の成長を妨げると予想される。健康志向の若い人口からの需要の増加と新しいフレーバーと品種の導入は、市場を拡大するための有利な機会を提供すると予想される。

市場セグメント分析

お茶の市場は、種類、パッケージ、流通チャネル、アプリケーション、および地域に基づいて分割される。また、タイプによって、市場は緑茶、紅茶、ウーロン茶、フルーツ/ハーブティーなどに分類。包装に基づいて、プラスチック容器、ルーズティー(パケットとポーチ)、板紙、アルミ缶、ティーバッグに断片化。流通経路によっては、スーパーマーケット/ハイパーマーケット、専門店、コンビニエンスストア、オンラインストアなどに分類される。同調査の対象となるアプリケーションには、住宅用および商業用が含まれる。地理的に、市場は北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋地域、およびLAMEA全体で分析される。

競合分析

レポートで紹介されている主要なプレーヤーは以下の通り。
AssociatedBritishFoodsPlc。、Barry'sTeaLimited、HainCelestialGroup、Inc、ITOEN、Ltd.、McleodRusselIndiaLimited、NestleSA、TaeTea、TataGlobalBeverages、TheRepublicofTea、Inc、ユニリーバグループ

問い合わせは(メール)sales@reportocean.com

最新の記事

NTT・ビオストック SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る