Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

「サステナアワード」受賞 農業動画では異例の2万回再生 AGRIST2021年3月1日

一覧へ

AGRISTは農林水産省、消費者庁、環境省が連携する「あふの環プロジェクト」で農林水産業に関わるサステナブルな取組動画を募集した「サステナアワード2020伝えたい日本の”サステナブル”」でルーキー賞を受賞。同社が応募した動画は農業動画では異例の2万回を再生している。

あふの環プロジェクト

「あふの環プロジェクト」は、2030年のSDGs達成を目指し、今だけでなく次の世代も豊かに暮らせる未来を創るべく立ち上げられたプロジェクト。サステナアワードでは、SDGsゴール12「つくる責任つかう責任」を踏まえ、食や農林水産業に関わる持続可能なサービス・商品を扱う地域・生産者・事業者の取組をわかりやすく紹介する動画を募集していた。

「100年先も持続可能な農業を実現する」をビジョンに、農業の課題を解決する自動収穫ロボットの開発するアグリストは、コロナ禍に対面接触が難しい中、映像による情報発信を強化。そのPR動画がルーキー優秀賞「つくる・はこぶ・うる部門」を受賞した。アグリストの動画はユーチューブサイトで約2万回以上再生され、注目を集めている。

受賞にあたり同社代表の齋藤潤一氏は「宮崎県新富町という人口1万7000人の小さな町からでも動画やSNSを活用すれば、世界中に情報を発信することができる。地方創生における農業課題の解決策の一つとしても、大変有効であることが再確認できた。今後は英語版や中国語版を作成し、世界に日本の農業をPRしていきたい」と話している。

【アグリストのユーチューブチャンネル】

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る