Z-GIS左PC
第42回農協人文化賞
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
全農ビジネスサポート:センター上:PC
全農ビジネスサポート:センター上:SP

東京農大学生ベンチャー「うつせみテクノ」昆虫食普及へCF開始2021年4月26日

一覧へ

東京農業大学の学生ベンチャー企業、うつせみテクノ合同会社は、クラウドファンディングのCAMPFIREでプロジェクト「昆虫食普及に向けて、初心者でも食べやすい商品を企画・開発・販売がしたい!!」を開始。若者の視点とアイデアで、昆虫食文化を日本に定着させるために初心者向けのオリジナル昆虫食品を開発する。

うつせみテクノメンバーうつせみテクノメンバー

同プロジェクトは、歌手の西川貴教による地域共生応援YouTube TV番組「イナズマロックドリームTV」の応援を受けてスタート。昆虫自動販売機の設置と昆虫食の販売などをめざし、200万円の目標金額を設定している。同時に農大サポートと協力し、東京農業大学アンテナショップ「農」の蔵(世田谷代田)に"未来食ガチャ"を企画し、24日から販売を始めた。

うつせみテクノは東京農大の学生ベンチャー企業で、バイオロボティクス研究室と共同で食品ロスを活用した代替タンパク質生産の研究・開発を中心に活動を行っている。昆虫食は食料問題と環境問題を同時に解決できると期待されているが、一般には浸透しておらず課題も多い。昆虫食をより一般に普及させるため、同大から社会課題の解決も含めて昆虫食文化・農業を創造していく。

関連してうつせみテクノのオンラインショップ「うつせみ Agri-Port」を公開。オンラインショップは、(1)未来食である昆虫食文化の普及・浸透を目的とした昆虫食品の販売、(2)農大の学生ベンチャー・団体・サークルの商品販売による農大学生活動の活性化支援、(3)農大アンテナショップ"「農」の蔵"との連携や農大OB・OGを中心とした連携の3つを柱に最終的に日本農業支援を目標としている。

うつテクサポーターうつテクサポーター

【クラウドファンディング】

最新の記事

シンジェンタアファーム:SP

JA人事

DiSC:SP

農協時論

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA全農・部長インタビュー:2021年度事業計画

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る