Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:カスケード
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

8月29日は「馬肉を愛する日」 日本初、馬肉の記念日を制定 若丸2021年5月20日

一覧へ

1919年(大正8年)に創業で馬刺し・馬肉製品を全国へ販売する(株)若丸(長野県上伊那郡飯島町)は、日本記念日協会の登録審査を経て8月29日を「馬肉を愛する日」として記念日登録し、5月18日に登録証授与式を行った。

記念日登録証授与式で。日本記念日協会の加瀬代表理事と若丸の下平社長記念日登録証授与式で。日本記念日協会の加瀬代表理事と若丸の下平社長

授与式では、日本記念日協会の加瀬代表理事から同社の下平泰司社長に記念日登録証を授与。「馬肉を愛する日」の制定について、それぞれの立場から挨拶し、加瀬氏は「馬肉に関する記念日は日本で初めて。馬肉を愛するというネーミングに下平社長の馬肉への愛を感じた」と伝えた。また、下平社長は「この記念日制定をきっかけに健康食としてニーズが高まっている馬肉の認知を広め、全国に馬肉食文化が広まって欲しい。今年はコロナ禍であることも踏まえ、オンラインのイベントを企画したい。法人名を付けずに、馬肉を愛する日と命名することで汎用性を高めたので、より多くの人に記念日を知ってもらい利用して盛り上げてもらいたい」と語った。

信州では、古くから馬肉を食べる文化があり、同社のある伊那谷では、「馬刺し」だけでなく「おたぐり(馬モツの煮込み)」も郷土料理として知られる。十数年前は馬肉を生で食べることに対して全国的な認知はあまりなかったが、同社は、冷凍技術の進化と物流網の発達で、鮮度を保って全国へ配送できるようになったことをきっかけに、「馬刺し」の全国配送を20年前に実現。近年では馬肉が低カロリー・低脂肪かつ高タンパクなことから、健康食として見直され需要も高まっている。

8月29日は「馬肉を愛する日」 日本初、馬肉の記念日を制定 若丸

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る