Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:カスケード
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

農水省「みどりの食料システム戦略」の要諦と今後の推進方策 セミナー開催 JPI2021年7月5日

一覧へ

日本計画研究所(JPI)は7月29日、農林水産省大臣官房環境バイオマス政策課地球環境対策室長の久保牧衣子氏を招いて、「食料・農林水産業の生産力向上・持続性の両立を実現させる新たな政策方針」をテーマにセミナーを開催。先着15人限定の会場とライブ配信・アーカイブ配信受講のいずれかを選んで参加できる。

農水省は、日本の農林水産業が置かれている状況や国際的動向も踏まえ、食料・農林水産業の生産力向上と持続性の両立を実現させるための新たな政策方針として「みどりの食料システム戦略」を5月に策定。2050年までにめざす姿を掲げ、サプライチェーンの各段階での行動変容とイノベーションによる実現をめざしている。同セミナーでは、食料・農林水産業が直面する課題と取組の現状や、SDGsと環境をめぐる課題と海外の動き、みどりの食料システム戦略の目指す姿と取組方向、今後の取り組みなどについて久保氏が説明する。また、セミナー終了後には、講師と参加者間での名刺交換会を行う。

<開催概要>
タイトル:食料・農林水産業の生産力向上・持続性の両立を実現させる新たな政策方針農林水産省「みどりの食料システム戦略」の要諦と今後の推進方策

日時:7月29日9:30~11:30

会場:JPIカンファレンススクエア(東京都港区南麻布5-2-32興和広尾ビル)

民間参加費:3万3720円(資料代・消費税込)※正規申込1人に付、同社より1人無料同行可(要登録)

行政参加費:国家公務員・地方自治体職員 1人1万6500円(資料代・消費税込)

【詳細・申し込み】

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

DiSC:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る