Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:カスケード
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

環境省「エコライフ・フェア」7月配信コンテンツ「BUZZ MAFF」が食品ロス解説2021年7月6日

一覧へ

環境省が7月31日まで実施している「エコライフ・フェア2021 Online」は、7月配信のコンテンツを追加。農林水産省「BUZZ MAFF」のYouTuber、タガヤセキュウシュウが食品ロスを解説する動画や、人気お笑いコンビのぺこぱが出演する、環境問題をわかりやすく理解できるクイズ動画などを通して、エコライフについて学ぶことができる。

BUZZ MAFFBUZZ MAFF

「エコライフ・フェア2021 Online」は、「2050年に向けて、みんなのライフスタイルを変えていこう」をテーマに、エコライフに関する普及啓発を通じ、環境問題を意識・理解する段階から、実際に課題解決のために行動する段階へと進むきっかけを提供。ライフスタイルや事業活動を環境にやさしいものへと変えていくことをめざしている。

7月公開のコンテンツは、オリジナル動画「今、私たちにできること。身近なエコライフ」と題して、2050年カーボンニュートラルの実現に向けて、ライフスタイルを変えるきっかけとなるような身近な環境問題について、国や企業の取組などを動画で紹介。7月7日以降順次公開される。

また、農水省の官僚で人気YouTubeのタガヤセキュウシュウが、「食品ロス」について、今どんな対応が必要なのか、小泉進次郎環境大臣と共に解説する。さらに、6月28日に連携協定を締結した環境省とJリーグは、Jリーグチェアマン村井満氏、元日本代表中村憲剛氏、Jリーグ特任理事夫馬賢治氏と小泉大臣によるトークセッションを配信する。

このほか、株式会社良品計画の金井政明会長と小泉大臣が、国と企業、それぞれの視点から「ファッションの未来」、そしてこれからのライフスタイルへのヒントについて発信。また、2050年に温室効果ガス排出実質ゼロをめざし、新しい時代に調和した暮らしを考え、見つけるために、世の中で行われているエコな取組を、ぺこぱや人気YouTuberのゆきりぬさん、俳優の鈴木福と一緒に学べるクイズを配信する。

「SNS画像投稿キャンペーン~エコライフ・チャレンジ~」では、自分でやってみた地球にやさしい取組や身の回りにあるエコグッズの画像をSNS(Instagram、Twitter)に投稿すると、抽選で、500人にエコライフフェアオリジナルARフォトフレームをプレゼント。また、投稿画像は、公式ウェブサイト内で掲載される。

環境省×Jリーグ環境省×Jリーグ

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

DiSC:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る