Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:カスケード
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

規格外農産物を有効活用 糀甘酒と高糖度トマトのスムージーを新発売2021年7月6日

一覧へ

NSGグループが支援する農業法人のベジ・アビオ(新潟市北区)と、糀甘酒専門店の古町糀製造所(新潟市中央区)は、共同開発した糀ドリンク「とマとマとマと スムージー」を新発売。古町糀製造所の古町本店で夏季限定で販売する。

糀ドリンク「とマとマとマと スムージー」糀ドリンク「とマとマとマと スムージー」

ベジ・アビオは、糖度10度を超える高糖度トマト「とマとマとマと」を新潟市北区で生産し、新潟県内のスーパーや直売所で販売。年間の生産量の約20トンのうち約5%は傷や奇形、やわらかいトマトが発生し、規格外品として正規価格では販売できない。特にやわらかいトマトは市場にも出せず、一部廃棄していたが、フードロス防止の観点から、今年度より、規格外品のトマトを冷凍保存し活用方法を模索していたところ、古町糀製造所と、冷凍トマトを使った商品を考案した。

「とマとマとマと スムージー」(600円・税込)は、糀と高糖度トマトをミックスして作られたスムージー。糀は、腸内の善玉菌を増やすことで腸内環境の改善に寄与するほか、ビタミン類の生成により美肌効果もあることで知られている。糀は、スムージーと、トッピングのホイップにも入っており、高糖度トマトを乾燥させたドライトマトは無添加。スムージーの甘みは糀とトマトによるもので、砂糖は使わない自然な甘みを楽しめる。「とマとマとマと スムージー」は夏季限定販売だが、引き続き廃棄を減らせるよう、取り組んでいく。

高糖度の「とマとマとマと」高糖度の「とマとマとマと」

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

DiSC:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る