JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMC(SP)トップバナー
ベリマークSC:FMC(PC)センター
JA全中中央SP

つがる市産メロンの贅沢なパフェが登場「果房メロンとロマン」夏メニュー開始2021年7月7日

一覧へ

青森県つがる市が、東京・神楽坂にオープンしたアンテナショップでメロン専門工房の「果房 メロンとロマン」は、7月7日から新メニューがスタート。同店のパフェ史上最も贅沢なパフェ「メロンとレモンのグランパフェ」などメロンを堪能できるメニューが登場する。

メロン約1/4玉使った「メロンとレモンのグランパフェ」メロン約1/4玉使った「メロンとレモンのグランパフェ」

「メロンとレモンのグランパフェ」(2800円)は、メロンを約4分の1玉使った、贅沢なパフェ。すっぱいレモンのグラニテとさわやかな甘さのレモンケーキ、糖蜜レモンとメロンの組み合わせが暑い夏にさわやかなパフェに仕上がった。また、大玉メロン1個をまるごと使った「まるごとメロンのサマースムージー」(4200円)は、メロンとさわやかな桃とミント、コクがあるアーモンドミルクの組み合わせ。夏らしいトロピカルな美味しさで、器の大玉メロンの果肉を崩しながら味わえる。

この他、夏メニューとして、「赤と青と白のメロン蜜かき氷」(1600円)、その時期の旬のメロンを食べ比べできる「3種のメロンテイスティング」(950円)、本物のメロンだけを使った「専門店のメロンクリームソーダ」(680円)、「メロンジェラートフラッペ」(850円)などを用意している。

また、つがる市内で導入されている光センサー選果により、糖度17度以上で形と網が整った上質な「タカミメロン」が登場。全体の3%程度しかなく、食べられる期間も限られるつがる市産のプレミアムメロンで、7月中旬~8月中旬に登場する。

メロン専門工房の「果房 メロンとロマン」メロン専門工房の「果房 メロンとロマン」

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

DiSC:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る