JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:ゴーゴーサン
ベリマークSC:FMC(PC)センター
ベリマークSC:FMC(SP)センター

「サラダ カル・ボウル」キャンペーン実施 USAライス連合会2021年7月8日

一覧へ

USAライス連合会 (米国バージニア州)は、「夏はカルローズ!“サラダ カル・ボウル”キャンペーン」を実施。カリフォルニア生まれの米「カルローズ」を使ったボウルメニュー“サラダ カル・ボウル”をテーマに、様々な情報を発信し、7月15日~8月31日の期間、オンラインプレゼントキャンペーンを実施する。

「サラダ カル・ボウル」キャンペーン実施 USAライス連合会

「カル・ボウル」はカルローズを使ったボウルメニュー。軽い食感としっかりした粒感のカルローズは、オイルやビネガーと合わせてもベタつかず、冷やしても美味しいことからライスサラダ向きで、たっぷりの具材をトッピングした丼スタイルや、スパイシーなエスニックスタイプのワンディッシュメニューなどで楽しめる。

キャンペーンでは、公式ウェブサイト「サラダ カル・ボウル」特設ページから簡単なクイズに答えると、抽選で合計100人に"サラダ カル・ボウル"を作れる「カルローズのサンプル米」と「ナッツ&フルーツ」、オリジナルレシピカードの3点をセットにしてプレゼントする。さらに、当選者100人のうち10人には、ランチボウルとミニボトルのセットが当たる。

また、同連合会は、コメを茹でて具材と混ぜるだけで作れる"サラダ カル・ボウル"の簡単レシピを紹介。ごはんソムリエで料理研究家の秋元薫さんが開発した簡単レシピを動画で紹介、SNSでも公開する。

【「サラダ カル・ボウル」特設ページ】

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る