BASFヘッドPS:バスタ液剤210125
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

廃棄ネギからバイオマスプラスチック開発 岡山薬品工業2021年7月27日

一覧へ

岡山薬品工業株式会社(岡山市北区)は、農業事業の岡山県産農作物の通販事業と廃棄野菜を活用したバイオマスプラスチック開発を開始した。

大量廃棄されるネギをバイオマスプラスチックに大量廃棄されるネギをバイオマスプラスチックに

同社は岡山県産農作物の通販事業として、岡山市中原エリアで育った野菜のおいしさを伝える「中原ファーム」を設立し、旬の農産物を販売する。ECサイトは7月下旬にオープン予定。

中原ファームで通年販売する「ナカバラネギ」中原ファームで通年販売する「ナカバラネギ」

岡山市北区中原は、農産物栽培に適した土壌で、江戸時代は藍の生産地、現在では様々な農産物が栽培されている。日本名水100選にも選ばれている雄町の冷水で、健やかに育まれた各種農産物が栽培され、昭和に入ってからは青ネギの生産が始まった。中原ファームでは「ナカバラネギ」を通年販売。さわやかな香りと程よい甘みが料理を引き立てる「ナカバラネギ」は、栽培から加工まで一括して行うことで、新鮮な状態で届ける。

一方、「中原ファーム」のある中原の地では毎日、100キロを超す市場に出荷できないネギや農産物が廃棄されている。バイオマスプラスチック事業では、特に大量廃棄されるネギに石油由来樹脂を混合し加工することで、バイオマスプラスチックを開発・製造。食品ロス問題を中原の地から解決するために、「食べる」だけではなく、生活の様々な場面で有効活用される「使う」ネギを提案していく。

最新の記事

ナガセサンバイオSP 2022

みどり戦略

注目のテーマ

注目のテーマ

全農人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る