Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

クラダシと千葉市が連携 フードシェアリングサービス導入を促進2021年8月4日

一覧へ

社会貢献型ショッピングサイト「KURADASHI」を運営する株式会社クラダシは、千葉市と連携し、市内食品関連事業者向けにフードシェアリングサービス導入を促進する取り組みを実施する。

同社は、食品の賞味期限の切迫や季節商品、パッケージの汚れやキズ、自然災害による被害などにより、消費可能でありながら通常の流通ルートでの販売が困難な商品を買い取り、「KURADASHI」で販売することでフードロスの削減に取り組んでいる。今回は千葉市と、フードロス・廃棄コストの削減やコロナ禍における事業者支援を行うことを目的に、フードシェアリングサービスの導入を促進する取り組みを行う。

実施内容は、フードシェアリングサービスの導入について無料で相談できる千葉市内事業者専用のサポート・相談窓口を設け、「KURADASHI」の円滑な導入を図るとともに、千葉市内事業者で発生するフードロスの削減に取り組む。また、千葉市限定プロモーションとして、市内事業者向けに「KURADASHI」トップページでの千葉市特集バナーを掲載し、市民に向けては、「KURADASHI」で使える400円OFFクーポンを提供するとともに、市内事業者の商品が送料無料になるキャンペーンを実施する。

さらに、8月24日には事業者に向けてフードシェアリングサービスの導入、利用方法等について説明するオンライン説明会を実施。また、市内の消費者に向けて9月4日にフードシェアリングサービスの活用方法や、フードロス問題についてのオンライン説明会を実施する。

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

DiSC:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る