Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:サンケイコテツベイト
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

「いわて夏野菜フェア」首都圏で開催 岩手県青果物生産出荷安定協議会2021年8月4日

一覧へ

岩手県青果物生産出荷安定協議会は8月3日、岩手県産の夏野菜の魅力と産地PRのため、首都圏の「黄金の國、いわて。」応援の店で「いわて夏野菜フェア」を開始。今年で3回目となる同フェアを通して、新型コロナウイルスの影響による外食需要の減少で、取引が減少している生産者を応援する。

「いわて夏野菜フェア」首都圏で開催 岩手県青果物生産出荷安定協議会全国出荷量の上位を占める岩手県の夏野菜。約6割が流通する首都圏で、「いわて夏野菜フェア」は、岩手県産夏野菜の魅力をピールし、利用拡大につなげるため、新型コロナ感染拡大防止対策を実施した飲食店で9月30日まで開かれる。各店舗では、ピーマン、トマト、アスパラガスなど岩手県産夏野菜をふんだんに使った料理を提供。対象料理の注文者には抽選で計30人に、「岩手県産食材」の野菜、牛肉または米をプレゼントする。応募期間は第1期が8月3日~31日、第2期が9月1日~30日。

実施店舗は、以下の『「黄金の國、いわて。」応援の店』 5店舗。

・ サンシャインクルーズ・クルーズ(東京都豊島区東池袋3-1 サンシャイン60 58F)
・ リストランテベニーレベニーレ(東京都新宿区新宿3-5-4 レインボービレッジ8F)
・ 青山 星のなる木(東京都渋谷区神宮前5-51-8 ラ・ポルト青山4F)
・ 天空の庭 星のなる木(東京都豊島区東池袋3-1 サンシャイン60 59F)
・ 新宿 星のなる木(東京都新宿区新宿3-5-4 レインボービレッジ9F)

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

ヤンマーSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る