生産緑地特集
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
センターSP:Z-GIS
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

「酪農リアルオンライン授業」北海道 雄武町で開始 オージャパン2021年9月7日

一覧へ

株式会社オージャパンは、北海道雄武町で7月に始めた酪農に特化したリアルオンラインツアー「RAKUNOO(ラクノー)」を、小中学校向けの酪農リアルオンライン授業として開始。9月26日に開く授業の予約を受け付けている。

「酪農リアルオンライン授業」北海道 雄武町で開始 オージャパン

同社は、身の回りで消費されている「牛乳」や、牛の幸せを考えた「アニマルウェルフェアな酪農」の取り組みについて、もっと身近に感じ、食の大切さを知ってもらおうとリアルオンライン授業を企画。コロナ禍で校外学習や社会科見学ができない子どもに向けて同サービスを始める。

「RAKUNOO」は、6月20日に行われたプレオンラインツアーから計5回のオンラインツアーを実施。参加者は計100人以上で、東京都、千葉県、神奈川県、埼玉県、兵庫県、栃木県、長野県、静岡県、大阪府、京都府、大分県、沖縄県、北海道まで全国と、シンガポール在住の家族など様々な人々が参加した。参加した小中学生からは、「牛はいくらで買えますか?」「放牧牛は逃げないんですか」「絞りたての牛乳は美味しいんですか?」など、素朴な質問もあり、「牧場」や「酪農」に興味を示す様子がうかがえた。

9月26日の一般向けの授業に先がけて、9月15日に、教育関係者限定で視聴できるリアルオンライン授業を地元の雄武小学校5年生に向けて実施。同校は町の産業を学ぶ、「総合学習」という授業があり、5年生は「酪農」について学んでいるが、コロナ禍で地元の牧場に直接行って酪農や牛について学ぶことができなくなったため、リアルオンライン授業を実施する。予め担当の先生と授業内容についての計画案を作成し、「牛の体格や種類」「餌の種類」「排泄量」「搾乳方法」など、酪農の基本を知る45分間の授業を行う。

【「酪農に特化したリアルオンライン授業」申込み】

最新の記事

シンジェンタライブラリー211112:SP

JA人事

DiSC:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る